ROOKIESのその後を描いた読み切りがアプリで公開!アプリを見る

九条の大罪って面白い?口コミ情報と感想

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは。 読書好きのみやんと申します。 マンガは35年、活字は20年ほど読んでいます。

闇金ウシジマくんの作者、真鍋昌平が2020年から連載を開始した「九条の大罪」。

前から気になっていたので電子書籍で買って読んでみました!


この記事では、九条の大罪の口コミ情報や最新刊の情報など記載していますので、読んでみようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

目次

九条の大罪とは?

九条の大罪は「闇金ウシジマくん」の作者、真鍋昌平が2020年から連載を開始した作品で、掲載紙はビッグコミックスピリッツ。

儲かる案件

社会正義

等の観点で依頼を選ばず、着手金は一律33万円。

それゆえか、依頼者は社会的弱者や反社会的勢力が多く、闇金ウシジマくん同様、アンダーグラウンドな世界の話が多いです。

ウシジマくんとの違いは、主人公が弁護士のため、依頼者を救済する方へ向かうことが多い点でしょうか。

しかしながら、依頼者が反社会的勢力の場合は、「罪なき被害者が救われない」方へ向かうため、いわゆる

依頼者を救済する、心あたたまる弁護士・裁判マンガ

ではありません。

「一般的な、安定した社会生活」を送れない人たちが物語の中心になることがほとんどなので、その点では闇金ウシジマくんと同様だと言えるでしょう。

2020年8月時点、単行本6冊が発行された時点で累計150万部を突破。掲載紙の「ビッグコミックスピリッツ」が苦戦している状況で、これだけ売れているのはやはり作者のネームバリューのゆえでしょうか。

『ウシジマくんの作者が描いた作品なら面白いに決まっている』と思って買う方が多いのでしょう。そしてその通りだと思います。面白い・・。

九条の大罪の評価・評判

九条の大罪の口コミを調べてみました!

良い口コミ

電子書籍サイトなどの口コミを見ると、

・弁護士側の視点から社会の闇を描いていて面白い

・ウシジマくんよりも胸糞感が軽くて良い

・知り合いにおすすめされて読んだら面白かった

というコメントが多く見られました。







良くない口コミ

続いて良くない口コミ。

・絵の使いまわしが多いのか、顔のパーツなどが気になるときがあった

・読後感が悪い

といった意見が見られました。

絵は私もなんか『目』が飛び出てるような・・と思うことがありましたが、ドラマを楽しむ作品なのでほとんど気になりませんでした。

読んだあとに黒い気分になる、といった感想は、ウシジマくんと同じですね(笑)。ですがウシジマくんよりも重くないと思います。

あとは、「弁護士が嫌いだったけど、読んでよけいに嫌いになった」という意見もいくつか見かけました。

読んだ感想

正直にいうとスピリッツの立ち読みでこの作品を読んでいたのですが、近所のコンビニが同誌を置かなくなり、読めなくなりました。

続きが気になっていたので、最新刊まで一気買い。

このブログ(マンガについてのブログ)を書くようになってから色んなマンガを読むようにしているのですが、大抵は「読むのめんどくさいな・・・」と思うことが多いです。

しかしながら、『九条の大罪』はある程度立ち読みで読んでいたにも関わらず、2日で全部読んでしまいました。

やっぱりこの作者のマンガは面白いです。

ウシジマくんが好きだった人には当然おすすめですし、「ウシジマくんって気になるけど、なんだか怖いな」と思っていた方にもぜひ読んでみてもらいたいです。ウシジマくんよりもひどくない(笑)ので。

最新刊は何巻?

九条の大罪の最新刊は2023年12月27日発売の10巻。


11巻は2024年2月29日発売予定のようです。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!


初回割引特典でお得に買いたい方はこちら


あわせて読みたい
50~70%OFF!電子書籍ストアの初回クーポン・割り引き こんにちは。 読書好きのみやんと申します。 マンガは35年、活字は20年ほど読んでいます。 電子書籍ストアは初回購入用のクーポンや割り引きがお得なので、整理してみま...



ネット書店で探す



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次