書いてる人

プロフィール

こんにちは、読書好きの「みやん」と申します。 マンガも活字も読みますが、このサイトではマンガのことについてのみ書いています。 

ちなみにマンガ歴は35年以上。(活字は20年ほど)

子供のころ、アニメのキン肉マンを好きになって、それが掲載されている『少年ジャンプ』を買ってもらうようになったのが、「マンガ」という媒体との出会いでした。

初めて買ってもらったジャンプは、Dr.スランプの最終回が載っている号でした。  ※1984年39号

その後もずっとマンガを読んでいるのですが、そんな私のマンガ遍歴を簡単にまとめると以下。

小学生低学年初めてジャンプを買ってもらう
中学生お小遣いが増え、少年マガジンも買うようになる。(サンデー派の友達から情報収集)
高校生バイトを始めて、単行本を集めるようになる。授業中に「今日から俺は」を回し読みするのが流行る。
20代前半幽遊白書終わったあたりからジャンプを買わなくなるヤングマガジンスピリッツ、アフタヌーンなどを買って読んでいた。
20代後半マンガ雑誌を買わなくなる。 立ち読みで済ませて単行本を購入。
30代後半一部のマンガ以外、あまり買わなくなる。
40代(現在)知り合いにおすすめされた「左利きのエレン」に突き動かされて、このサイトを作ろうと思い至る。 再びマンガ漁り中。

40年以上生きてきて、改めて思うのが、マンガって最高の娯楽でストレス解消なんですよね。

たとえば病んでるときにマンガを一気読みすると、寝ているときの夢が「マンガのこと」になるんですよ。 これには本当に助かりました。

他の趣味だと、やってるときは没頭できるんですが、寝ているときは悩みが顔を出すという感じ。

それはさておき、マンガに対しては感謝の気持ちがいっぱいなので、少しでもマンガ文化やマンガ界に寄与できるよう、このサイトでいろいろ書いていく予定です。

サイトのテーマ

このサイトは、

面白いマンガを知れる。そして安く読む方法を知れる。

をテーマとしています。

「安く」というのがやっぱり重要で、『名作』と言われるものを読もうと思ったら、時間もお金もかかりますからね・・。

最近は平気で60巻とか70巻とか行きますし。

 

面白いマンガ』の方ですが、基準や好みは人それぞれなので、個人の好み丸出しで書いています。

当サイトで自分に強いているルール

このサイトを作るにあたって、一つだけ決めたルールがあります。

可能な限りネタバレしない

名場面や名シーンって一生に一回しか体験できないんですよね。

先に見てしまっていると、「あのシーンはこの場面だったのか」と余計な要素が加わってしまいます。

たとえばスラムダンクの最終回って、ずっと最初から読んで、その積み重ねで最後があるわけです。 先にそのシーンを見たり、あらすじを知ってしまっていると、最終回の感動や興奮を100%味わえないと思うんですよね。
※最終回に限らず、2~3巻くらいまでの話だって同じです。いかに読者に興味を持ってもらえるのか、を苦心して描いているので。

というわけで、このサイトではなるべく作品の中身について触れすぎないように気をつけています。

参考文献

憶測だけでいろいろ書くのも良くないよな、と思って、いろいろ勉強中です。 

読んだ本は以下。

<参考文献>

■出版幻想論/藤脇邦夫
■出版現実論/ 藤脇邦夫
■マンガ産業論/中野晴行
■さらば、わが青春の『少年ジャンプ』/西村繁男
■マンガはなぜ面白いのか/夏目房之介
■日本マンガ全史/澤村修治
■マンガ・スタディーズ/吉村和真、ジャクリーヌ・ベルント
■描きたい!!を信じる 少年ジャンプがどうしても伝えたいマンガの描き方/週刊少年ジャンプ編集部
■漫画の時間/いしかわじゅん
■戦後マンガ50年史/竹内オサム
■アジアのマンガ/小野耕世
■トキワ荘実録/丸山 昭
■マンガ論争勃発 2007-2008/永山薫・昼間たかし
■エロマンガ・スタディーズ/永山薫
■ヴァーチャル日本語 役割語の謎/金水敏
■少年ジャンプ 黄金のキセキ/後藤 広喜
■連載終了! 少年ジャンプ黄金期の舞台裏 /巻来功士 (マンガ)
■そしてボクは外道マンになる/平松伸二 (マンガ)

※読み次第追加