大友克洋全集の概要!初回特典は?全部で何冊?

2022年1月より発売開始となった、大友克洋全集『OTOMO THE COMPLETE WORKS』。

基本的な情報は公式サイトに記載されていますが、細かい部分についてはTwitterの公式アカウントで発信されています。

個人的に気になったのが「Amazonなどのネット通販で買えるのか」という点ですが、購入可能なようでした。

第1回配本分(2022年1月21日発売)


第2回配本分(2022年3月18日発売)


第3回配本分(2022年5月20日発売)


第4回配本(2022年12月2日発売)


第1回配本の「Animation AKIRA Storyboards 1」は発売前に予約分売り切れとなっていました。

今後発売される作品の初回特典のステッカーを確実に手に入れたい方は、早めに注文・予約しておきましょう。

初回本を手に入れるため、書店を巡る人も多数おられたようです

本屋を巡ってなんとか手に入れたという方もいるようです

この記事では、大友克洋全集『OTOMO THE COMPLETE WORKS』について、現在判明している情報を整理して記載していきますので、よろしければ参考にしてください。

目次

最新情報

現在、第4回の配本(計7冊)まで販売中。

第4回の配本は12月2日発売の23巻『Animation AKIRA Layouts & Key Frames 1』7,700円(税込)。


大友克洋全集 『OTOMO THE COMPLETE WORKS』 についての情報

重版を繰り返しているAKIRA以外は、大友克洋作品のほとんどが絶版となっています。

これまでも再販や選集の打診があったそうですが、「自分の仕事をまとめた全集を自身の思うような形で出したい」という思いから、全集のプロジェクトがスタートしたようです。※参考:公式サイト

2022年12月時点で判明している情報は以下。

・全41巻を予定。1巻~41巻までは時系列で並ぶようになっているが、巻数順に発売されるわけではない。
隔月2冊ずつ発行予定。※例外的に1冊の場合もあり
単行本化されなかった初期作品や、未完の作品も掲載
・漫画作品だけでなく、アニメやゲーム、実写などの取り組みも収録
・サイズはB5変形(248×172) ※サイズ感の参考はこちら ⇒ 公募ガイドONLINE
・2022年は全6回の配本を予定していましたが、結果的に4回の配本となりました。

特典について

気になる特典の内容はこちら。

初版ステッカーが付く。全巻ステッカーが付き、全て違うデザイン
※ネットの購入でもステッカーは付く。書店別の特典は無い。

第一期、全11巻購入すると、大友克洋オリジナルデザイン「全集Tシャツ」をプレゼント
※封入されている応募券を集めて専用はがきで応募(2023年2月28日(火)当日消印有効/2023年6月頃より順次発送予)

全41巻(予定)購入特典あり。特典は後日発表。

応募券については、帯やカバーを切り取る形式ではないとのこと。

本が届いたので特典の画像をUP

初回特典ステッカー。
(不正?防止のため、一部ボカシを入れています)

この応募券を切り取って

第一期、全巻特典用の応募券
(不正防止のため、ボカシを入れています)

こちらのハガキに貼り付ける、という仕様になっています

応募用はがき
(不正防止のため、ボカシを入れています)


装丁は?

本の装丁ですが、『良い!』です。

分厚い紙のカバーではなく、色付きの透明ビニールカバーなので読みやすいです。

読みやすいのです、が・・・汚したくなくて読めないですよこれマジで。どうしたら良いんだ・・・。

袋に入った状態
袋から出すと、ツヤが
なんと透明の、厚めのビニールカバーでした
こちらはピンク。他の巻は何色になるのか、ワクワクします

単行本の内容は作品だけ?

単行本がそのまま収められているだけなのか気になるところだと思いますが、ちゃんとおまけ的な要素も巻末に入っていました。

ボカシてます。買って読みましょう。

Animation AKIRA Storyboardsって何?

「Animation AKIRA Storyboards」ってどんな内容なのか、私はよく調べずに勢いで買ったのですが、映画の絵コンテ集でした。

第一期の配本

現在確定している第一期の配本予定はこちら。

おおよそ、2か月ごとに2冊。あまり一気に刊行されてもお金の用意が難しいので(笑)、個人的にはありがたいスケジュールです。

バラでも買えます

(私は引っ越しのときに手放してしまったので、全巻購入する予定)

当初は年内に11冊、第6回までの配本が予定されていました。第4回配本が遅れたため、年内は
■第4回まで 計7冊

■第5回まで 計8~9冊
のいずれかになるかと思います。

第1回配本:2022年1月21日

漫画の『童夢』
映画AKIRAの絵コンテ集

■第8巻 『童夢』 (漫画)
定価:2,970円(税込)
■第21巻 『Animation AKIRA Storyboards1』 (絵コンテ集)
定価:4,400円(税込)

※両方買うと7,370円

第2回配本:2022年3月18日

漫画の『BOOGIE WOOGIE WALZ』
映画AKIRAの絵コンテ集 第二弾

■第2巻『BOOGIE WOOGIE WALTZ』 (漫画)
3,190円
■第22巻『Animation AKIRA Storyboadres 2』 (絵コンテ集)
4,400円

※両方買うと7,590円

第3回配本:2022年5月20日

■第3巻 『ハイウェイスター』 (漫画)
3,080円
■第4巻 『さよならにっぽん』(漫画)
3,080円

※両方買うと6,160円


第4回配本:2022年12月2日

■第23巻 『Animation AKIRA Layouts & Key Frames 1』(フルカラー印刷)
7,700円

巻別表

巻数別に現在判明している情報をまとめてみました!

巻数リリース期配本回タイトル発売日(予定日)価格(税込)補足
1巻第一期?未定銃声未定未定漫画
2巻第一期第2回BOOGIE WOOGIE
WALTZ
2022/3/18
発売中
3,190円漫画
3巻第一期第3回ハイウェイスター2022/5/20
発売中
未定漫画
4巻第一期第3回さよならにっぽん2022/5/20
発売中
未定漫画
5巻第一期?未定Fire-Ball未定未定漫画
6巻
7巻
8巻第一期第1回童夢2022/1/21
発売中
2,970円漫画
9巻
10巻
11巻
12巻
13巻
14巻
15巻
16巻
17巻
18巻
19巻
20巻第一期?未定Animation AKIRA未定未定Blue-Ray
Discつき書籍
21巻第一期第1回 Animation AKIRA
Storyboards1
2022/1/21
発売中
4,400円絵コンテ集
22巻第一期第2回Animation AKIRA
Storyboadres 2
2022/3/18
発売中
4,400円絵コンテ集
23巻第一期第4回Animation AKIRA Layouts & Key Frames 12022/12/2
発売中
7,700円アニメーションAKIRAレイアウト集?
24巻
25巻第一期?未定Script 1未定未定シナリオ集
26巻
27巻
28巻
29巻
30巻
31巻
32巻
33巻
34巻
35巻第一期?未定The Live Action
蟲師
未定未定Blue-Ray Discつき書籍
※41巻を予定しているとのこと。36巻以降の情報は現在調査中


講談社の手塚治虫全集のことを知ると、「第〇期」という概念を理解しやすいかも。

『手塚治虫漫画全集』は、全300巻が各期100冊づつ刊行されました。

第1期:1977年6月 – 1979年8月  
第2期:1979年10月 – 1981年11月
第3期:1982年2月 – 1984年10月

※手塚治虫の死後、
第4期 1993年1月 – 1997年12月
で100冊刊行され、計400巻となった。


当たり前と言えば当たり前ですが、いきなり50~100冊一気に販売しても、お金に余裕のある人しか買えないですもんね。

それなりに巻数やボリュームがある全集は、「買い手側の買いやすさ」と「刊行に際しての諸般の問題解決」の関係上、長期スパンでリリースされることが多いようです。

(手塚治虫の全集は過去2回ほど刊行が途中で終わったことがあった為、講談社が全集を出す際は手塚治虫と講談社とで慎重な協議が繰り返された)

参考文献:実録!少年マガジン編集奮闘記/宮原照夫
参考サイト:Wikipedia/手塚治虫漫画全集


全部揃えるとどれくらいのスペースが必要?

1冊の高さが約25cm。2022年12月現在刊行されている7冊分の幅が約18cmなので、仮に全て同じようなフォーマットでリリースされた場合、

高さ約25cm×幅約1m

くらいは必要になると思われます。

(って書きながら、全部棚に並べられるのか不安になってきました・・)

電子書籍版は無い?

大友克洋作品は電子書籍化されていません。全集も電子書籍化の予定はないと思います。

過去作品が電子書籍化されていない理由はご本人に聞かないと分からないですが、一読者の見解としては、

・非常に緻密に描き込まれているため、スマホで読むのには適していない
・見開きのインパクトが大きいので、小さい画面や1ページずつ見るのに適していない

からじゃないかと思います。そもそも、過去の書籍も大きめの版で出ていましたし。

実際に本で読むと、「スマホだと本来の魅力を楽しめないよな」ということが分かるかと思います。

というわけで、もし大友作品を読まれたことがない方は、この機会にぜひ手に取って読んでみましょう!

■おまけ

Twitterで大友克洋がカネコアツシの『EVOL』、


を、読んでみたのですが、確かに面白かったです!

あわせて読みたい
カネコアツシのEVOL(イーヴォー)って面白いの?口コミ情報と感想 こんにちは。 読書好きのみやんと申します。 マンガは35年、活字は20年ほど読んでいます。 AKIRAで有名な大友克洋先生がカネコアツシ先生のEVOLを面白いとコメントして...


以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ネット書店で探す


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次