【中身はマンガなの?】『貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください』レビューと感想

こんにちは。 読書好きのみやんと申します。 マンガは35年、活字は20年ほど読んでいます。

最近、身近な人たちの何気ない会話でも「投資」という言葉を聞くようになりました。

私は全然「投資」のことを知らず、

なんか難しそうだし、お金の話は怖いので目を背けたい!

と思っているタイプ。

そんな私に、

貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください(大河内 薫/若林 杏樹)
※若林 杏樹はマンガ家

という本を友人が勧めてくれたので、嫌々ながら買って読んでみました。

買う前に気になったのが、

「各章の最初の数ページだけマンガで、あとは文字だらけなんじゃないか?」

というところ。

ところが買ってみたら意外にも中身はほとんどマンガ。(8~9割マンガです)

そのマンガ自体も読みやすくて、2日で読めてしまいました。

この記事では、「貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください」についての

・感想、読んで得られたこと
・どんな人に向いている本か

を書いてみましたので、興味がある人はぜひ参考にしてください。

「投資とか節約とか貯金とか、できれば考えずに生きていきたい!」と思っている、私のような方にはかなりおすすめです。

目次

読んでみた感想

いや~~、普通に面白かったし、勉強になりました。

良かった点としては、

・日本の税制や保険のことが、簡単に理解できる
・今すぐ投資を始めないとヤバいよ!みたいな内容ではない

というところ。

読んでみてどうなったかというと、

読む前
読んだ後
  • 日本は税金高すぎ。異常だよ!
  • みんな「投資!投資!」とか言ってるけど、実際どうなの?
  • え、日本の保険ってめちゃ凄いじゃん・・。そのための税金だったのね。悪く言ってスマンかった。
  • 選択肢の一つとして、投資もありかもね

という感じ。

ひとことで言うなら、

投資とか保険とか税制の話に、ある程度ついていけるようになる!

です。今まではその手の話が出たときは他人のフリしていましたが、これからは会話に参加できそうです。

冒頭にも書きましたが、内容の8~9割がマンガで描写も面白いので、頑張らなくても読めました。

どんな人が読むべき?買わない方が良い人は?

「貯金すらまともにできていませんが この先ずっとお金に困らない方法を教えてください!」(タイトル長い・・)

は、私と同じように

・十分に貯金できていないけど、かといって節約や投資とかの話からは目を背けたい
税金や投資の話はなんとなくは知っているけど、深く知りたいとは思わない
老後2,000万円必要って、計算おかしくない?
最近はどいつもこいつも「金、金」ばかり言うのぅ・・

と思っている人におすすめ。

逆に

・すでに投資を始めている
・この手の話や本が好きで、たくさん読んでいる

方には、『既に知っている話』が多い内容だと思います。



ちなみに私は電子書籍で買いましたが、家族と共有できるように紙で買った方が良かったかも、と思いました。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

あわせて読みたい
7項目で比較!紙の本と電子書籍のメリット・デメリット こんにちは。 読書好きのみやんと申します。 マンガは35年、活字は20年ほど読んでいます。 私は5~6年前から電子書籍を利用していますが、現在は ・マンガ=9割電子書籍...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる